太もも、ふくらはぎを細くしたい!筋肉太り、むくみ、ダイエットしても脚が細くならない!O脚を治したい!脚にまつわる沢山の悩みを抱えていた筆者に効果のあった脚やせの方法を紹介しています!

スクワットで下半身がみるみる痩せる!やり方と注意点とは?

2018/08/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

「30日 スクワットチャレンジ」

 

アメリカやイギリスで話題となり、日本でも挑戦者が続出!

とっても話題になりましたよね!

 

こんなビフォー・アフターの画像もネットで紹介され

出典:Pinterest

美脚効果はもちろん、お腹痩せやヒップアップ

全身やせにも効果がある事が証明されました。

 

しかし!よく見て頂きたい!!

出典:Pinterest

スクワットを続けた結果・・・

太ももの、前側がボコっと張り出してしまっています。

 

これは、ちょっと嫌かも・・・

 

ムキムキの体を目指しているならいいですが

もっと、ほっそり脚を手に入れたいですよね!

 

そう!注意して欲しいんです!

普通のスクワットを続けたら

写真の女性のように、太ももの前が、ムキムキになってしまいますよ!!

 

それでは

「脚を細くする」スクワット 

をご紹介していきます!

脚がみるみる細くなる 美脚スクワット

それでは、早速、美脚スクワットをご紹介していきますね!

美脚スクワット 動画(3分57秒)

今、動画を観る事が出来ない方は、下にスクロールして下さい。動画の解説をしています。

通常のスクワットよりも

脚を大きく広げ

つま先立ち(最初は大変かもしれませんが、慣れてきます)になることで

 

太ももの前ではなく

太ももの内側(内転筋)と後ろ側(ハムストリング)を鍛える事ができます!

 

美脚に非常な重要な筋肉は、内転筋とハムストリングなんです!!

筆者は、このスクワットを強くおすすめします!!

早く結果を出したい方は、出来る時にどんどんチャレンジしていきましょう!

美脚スクワット 動画の解説

【1つ目のエクササイズ】

①脚を、肩幅よりも広めに開いて

出来るだけ、つま先を外に向けましょう

②胸を張って、腕を肩の高さで合わせます

③この状態で、つま先立ちになり

バランスをとりながら、ゆっくりと重心を下ろしていきます

④出来る方は、床と平行になるまでお尻を下ろしたら

ゆっくりと、元の状態に戻し、かかとを下ろします

⑤この動作を5回行います

【2つ目のエクササイズ】

①1つ目のエクササイズと同じ姿勢をとります

②左脚だけをつま先立ちにして

まっすぐ重心を下ろしていきます

③出来る方は、床と平行になるまでお尻を下ろしたら

ゆっくりと、元の状態に戻し、左脚のかかとを下ろします

④反対側も同様に行い 左右5セット繰り返します

スクワットをするときの注意点!

スポンサーリンク
 

筆者も、「30日 スクワットチャレンジ」に挑戦したことがあります。

普通のスクワットを、1日100回~200回、毎日続けました。

 

始めてわずか一週間で、お尻はプリっと上がって嬉しかったんですが・・・

 

が・・・しかし!!

 

「完全に筋肉で作り上げました!!」

と一目瞭然の、ムキムキの脚に変身

 

これでは、脚の筋肉が目立ちすぎます。

かなり焦りました。

 

何とか解決するために

1ヶ月程、スクワットはお休みして筋肉を落とした後

今回紹介した「脚が細くなるスクワット」に切り替えました!

 

すると、太もも前はすっきりと細くなり

内もものたるみがなくなりました。

そうです、普通のスクワットでは、内ももは鍛えられません。

 

さらに、太ももの後ろ側が引き締まり

もちろん!ヒップアップも叶える事ができました。

 

 

スクワットをする時は、内ももを使うことを意識しましょう!

 

細い脚を手に入れるためには

くれぐれも、太ももの前に力が入るようなスクワットは

避けましょうね!!

スクワットで下半身が驚くほど細くなる!やり方と注意点とは? まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

スクワットをする時の、やり方と注意点を紹介しました。

 

脚を細くするスクワットは、普通の筋力アップのスクワットとは異なる!!

ということを、分かって頂けたと思います!!

 

ポイントは、太ももの内側と裏側の筋肉ですよ!

 

これからは、30日「美脚スクワット」チャレンジ!

に挑戦してみましょう!

 

スクワット以外にも、美脚エクササイズを紹介しています!

こんな方法もいかがですか?

下半身が痩せる歩き方!脂肪がどんどん燃焼する【4つのポイント】とは?

スポンサーリンク

 


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください