太もも、ふくらはぎを細くしたい!筋肉太り、むくみ、ダイエットしても脚が細くならない!O脚を治したい!脚にまつわる沢山の悩みを抱えていた筆者に効果のあった脚やせの方法を紹介しています!

【2018-19秋冬】ブーツで細見え!太い脚でも履ける丈やデザインとは?

2018/12/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

 

肌寒くなってくると、ブーツが気になる季節の到来です!!

脚が太くても、お洒落にブーツを履きこなしたい!!

 

足のサイズはぴったりなのに・・・

ふくらはぎで、ジッパーが止まってしまったことはありませんか?

 

ニーハイブーツの上に、太もものお肉が乗ってしまったことはありませんか?

 

そんな経験をすると、ブーツを選ぶのが憂鬱になってしまいますよね!

 

諦めてはいけません!!脚の太さに悩んでいても大丈夫!!

 

今年流行するデザインの中から

美脚効果を発揮してくれる、優れたブーツをご紹介していきたいと思います!

読みたい場所へジャンプ

脚が太い人のブーツ選びの基本 3点!

まずは、脚が太い人がブーツを選ぶ時の基本を押さえておきましょう!

3つありますので、覚えておいて下さいね!

①脚の太い部分で終わってしまう丈(長さ)は絶対に避ける

ふくらはぎが、少年の様に細ければ気にする必要はありませんが

 

膝下の一番太い部分である

ふくらはぎの中間あたりまでの、丈(長さ)のブーツはNGです!!

 

一番太い部分を強調してしまいますので、選ばない方が良いでしょう。

②ぴったりとフィットするデザインを選ばない(筒回りに余裕を持たせる)

例えば

足首から膝下までぴったりフィットする

ストレッチ素材のブーツを履いた場合は、要注意!!

 

一番細い足首が強調されて

その対比で太いふくらはぎが目立ってしまいます。

 

さらに、ブーツの上から、脂肪がはみ出してしまう可能性がありますので

おすすめできません。

 

O脚さんの場合も、脚の形を目立たせてしまいますので、避けて欲しいデザインでもあります。

③先入観を捨てて、色々なデザインを試してみる

このことは、忘れてしまいそうですが

実は大切なんです!

 

自分のファションを、モード系、セレカジ系、カジュアル系等で

分けてしまっている場合。

 

自分のファションの系統で、人気のあるブーツを選んでしまうことです。

 

モード系のファションの場合、シンプルで脚にフィットしたブーツを選びがちです。

カジュアル系だと、もこもこのブーツ等・・・

 

先入観を捨てて、今まで履かなかったようなデザインのブーツも

お店で試してみましょう。

 

自分にとって意外なデザインが、あなたの脚を細く見せてくれるかもしれません!

 

奇抜なデザインでなければ、少しの工夫で

色々なファションに合わせることもできます。

 

一度、楽しみながら、挑戦してみてくださいね!

脚が太くても大丈夫!2018~19年秋冬に人気のトレンドブーツ

2018~19年に流行間違いなし!

 

脚にコンプレックスがあっても楽しめて

細く見せてくれる 

 

優秀なブーツをご紹介します!

①厚底ブーツ(プラットフォーム)

春夏は、厚底スニーカーがトレンドでしたが

に引き続き、厚底は人気を維持しています!

 

秋冬は、厚底ブーツを取り入れてみましょう!

厚底ブーツは、ブーツ自体にボリュームがあるので

ブーツのボリュームとの対比で、脚を細く見せる事ができます!

 

厚底でおすすめは、ショートブーツ!

脚の中で一番細い部分である、足首を出すことで

細く見せることができます。

 

もし、足首が出ないデザインの場合は

インソールを入れることで、底上げを!

少しでも、足首の細い部分を出す様にしましょう!

 

最初は抵抗があるかもしれませんが、美脚効果は抜群ですので

試してみてくださいね!

 

今季は、マウンテンブーツも仲間入り!

ok

足元に思いっきりボリュームを出して!

脚を細く見せよう!

どんなファションでもOK! シンプルな厚底ブーツ

出典:Wowma!

パンツスタイルにも、スカートにも合う万能なブーツ!

個性的なデザインで足にインパクトを出す 厚底ブーツ

出典:Pinterest

ブーツに個性を出すと、ブーツに視線が集中するので

脚の太さが気にならなくなります!

視覚効果を、最大限に利用して!

②サイドゴアブーツ

サイドゴアブーツは、ここ数年、大流行しています。

そして、さっそく定番化したブーツでもありますので

今年も大活躍すること間違いなしです。

 

とても履きやすく、カジュアルにもキレイめにも合わせることができますので

一足は持っておきたいブーツです。

サイドゴアブーツを買う時の注意点

サイドゴアブーツを買う時に、一番気を付けてもらいたのが

 

履き口の大きさ です!

 

履き口が、脚にぴったりとフィットしてしまうと

足首からふくらはぎまでの太さを強調してしまいます!!

 

履き口に余裕があって、足首と密着しないもの選びましょう。

出典:楽天市場

サイドゴアブーツの足首対策

スポンサーリンク

出典:Pinterest

足首に自信が無い場合は

足首までのソックス(黒が一押し!)を履いて足首を隠してしまいましょう。

 

黒いソックスで、足首の引き締め効果を狙います!

 

サイドゴアブーツのふくらはぎ対策

出典:靴下屋

ふくらはぎに自信のない場合は

ルーズソックスをのぞかせると、脚を細く見せてくれます。

 

ルーズソックスでボリュームを出すことで

脚を華奢に見せる事ができます。

 

ぜひ、試してみて下さいね!!

③ウェスタン調のミドルブーツ

出典:oggi.jp

ウェスタン調のミドルブーツは

2018~19年秋冬に、特に人気が出る予感!!

 

ウエスタンブーツは、ちょっと上級者のイメージがありますし

ふくらはぎの一番太い部分までの長さが多いので

ふくらはぎが太めの場合は、難易度が高め・・・

 

脚が太い人のブーツ選びの基本でも書きましたが・・・

「①脚の太い部分で終わってしまう丈(長さ)は絶対に避ける」

ウエスタン調のミドルブーツは、しっかり当てはまってしまいますね・・・

 

でも、大丈夫です!

ファッション誌にも、特集が組まれていますが

今季は、ロングスカートにウエスタンブーツを合わせるコーデが主流!

出典:oggi.jp

こんな感じで、ぜひ挑戦してみて下さいね!

④ニーハイ・サイハイブーツは定番化!

昨年に、ブームが再来した「ニーハイ・サイハイブーツ」

最近は、定番化してきました。

ギャル系でも、長年の定番でしたね!

 

サイハイ・ニーハイブーツは

太ももが見えるから、ちょっと苦手~

という方が多いと思いますが・・・

 

しかし!!

スタイルアップ術を使えば

脚のコンプレックスを全て隠してくれる

とっても、優秀なブーツに大変身してくれるんです!

細く見える!ニーハイ・サイハイブーツの選び方

ブーツにボリュームを出すことで

履き口から伸びている、太もも部分を

細く見せる効果を狙っていきましょう!

折り返しの付いたデザインを選ぶ

履き口にボリュームを出して、太ももを細く見みせてれます!

出典:fitfit

ファーの付いたデザインを選ぶ

こちらも、折り返しのついたデザインと同様に
履き口にボリュームを出して、太ももを細くみせてくれます!

出典:リワード

サイハイ・ニーハイブーツも、沢山のデザインがありますので

一度、挑戦してみてはいかがでしょうか??

⑤大本命!ソックスブーツ

出典:神戸レタス

ソックスブーツは、今年のトレンドの代名詞!

様々なブランドから、最新のデザインが発売されていますね!

 

ソックスブーツは、足首にぴったりフィットするデザインですので

特に「黒」を選べば、細見え効果抜群です!

 

やはり、ウエスタンブーツと同様

ソックスブーツも

足首がチラ見えする位の、ロングスカートと合わせるのがおすすめ!

 

足首が細く見えると、脚全体が細く見える視覚効果がありますので

ぜひ、試してみて下さいね!

【2017-18秋冬】ブーツで細見え!太い脚でも履ける丈やデザインは? まとめ

脚が細く見えるブーツと、細く見える履き方を紹介してきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

美脚効果のあるブーツを味方につけて

トレンドファッションを、楽しみましょうね!

 

最後に、脚の太さをカバーして美脚効果を発揮してくれる

ブーツの選び方をまとめておきますね!

 

①脚の太い部分で終わってしまう丈(長さ)は絶対に避ける

 

②ぴったりとフィットするデザインを選ばない(筒回りに余裕を持たせる)

 

③先入観を捨てて、色々なデザインを試してみる。(沢山試して、脚の細く見える一足を見つける!)

 

④おすすめは、厚底ブーツ・サイドゴアブーツ・サイハイ/ニーハイブーツ

ウェスタン調ミドルブーツ・ソックスブーツ

 

タイツ選びで、もっと脚を細く見せましょう!

ブーツとの、相性抜群です(^^♪

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓ 

細く見えるタイツの選び方!デニール数を味方につけて美脚に!

タイツで脚を細く見せるには、柄を適当に選んではいけない!

 

今年の秋冬は、ブーツで美脚を叶えましょうね!!

スポンサーリンク

 


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください