太もも痩せの効果が凄い!ストレッチで脚を細くする!厳選【動画】

      2017/11/06

スポンサーリンク

太ももが太い!細くしたい!

 

特に、太ももを細くしたい!

と悩んでいる女性に、特に取り組んで頂きたいストレッチ法をご紹介します。

読みたい場所へジャンプ

ストレッチで、太ももは細くなる?

ストレッチで、太ももを細くすることが出来るの?

筋トレや、有酸素運動をしないと細くならないのでは?

 

と、思われるかもしれません。

ストレッチは、特に運動の前後に行うイメージのありますよね!

 

実は、このストレッチ

脚痩せにも、非常に効果的な方法なんです!

 

筆者も、効果抜群のストレッチは、毎日取り入れています!

理由は、楽ちんなのに(笑)、効果を実感できるからです。

 

それでは、太もも痩せに効くストレッチ方法を紹介していきますね!

 

先ずは、「ストレッチで太ももが細くなる理由」から書いていますので

ストレッチ法を早く知りたい方は、目次からジャンプして下さいね!!

 

ストレッチで太ももが細くなる理由

ストレッチのメリットとは?

ストレッチを行うと、筋肉がほぐれて柔らかくなりますよね!

 

ストレッチには、大きく2つのメリットがあります

 

①運動前に行うストレッチは、可動域を広げて、ケガを予防するため

②運動後に行うストレッチは、凝り固まった筋肉をほぐして

 血液とリンパの流れを良くすることで疲労を早く解消する事

特に、2つ目の

「血液とリンパの流れを良くする」という効果が

 

下半身が太い事に悩んでいる女性に、非常に効果を発揮してくれるんです!

ストレッチで血流がアップ 脚痩せ効果は、3つも!

ストレッチで筋肉を伸ばすと・・・

 

血流を阻害していた凝り固まった筋肉がほぐれる事で

血液が流れやすくなり、「血流がアップ」します。

 

それと同時に、股関節にあるンパ」も刺激され、流れが良くなります。

 

血流アップが、脚やせ、太ももやせの最大の理由なんです!!

 

それでは、具体的に効果をみていきましょう!

①老廃物の回収・むくみの改善に力を発揮

血流がアップし、下半身の血の巡りが良くなることで

老廃物を回収してくれます。

 

さらに上半身に血液を送り返してくれることで

むくみの解消にも繋がります!

 

運動後に取り入れるストレッチも

この効果を狙って、疲労回復を促しているんですよね!

 

②冷え症の改善で、脂肪が燃えやすくなる

 血流のアップによって

 温かい血液が下半身にもスムーズに流れてくるようになりますので

 脚の冷えを改善してくれます。

 

 そして、めぐりの良い温かい脚になり、脂肪の燃焼もアップしますよ!!

③セルライトを少なくする

太ももを柔らかくすることで

筋肉だけでなく、固くなった脂肪もほぐれますよね。

 

脂肪がほぐれることで、少しずつですが、セルライトが柔らかくなります。

 

この柔らかくなったセルライト(脂肪)は

ストレッチで血流がアップしたことで

老廃物として回収されていきますので、セルライトの除去にも効果を発揮しますよ!!

 

嬉しい効果がたくさんありましたね!

 

それでは、部位別の効果的なストレッチを紹介していきますね!!

脚やせ効果の高いストレッチ動画 6選(パーツ別)

太ももの、「前・裏・内側」とパーツ別に紹介していきますね!

 

パーツごとに、2つづつ動画を厳選しています!

やりやすい方法で、実践してみて下さいね!!

 

ストレッチを行う時に守って欲しいこと! 3点!

ストレッチで、ケガをしては美脚どころではありません!

 

以下の3点を守って、気持ち良くストレッチをしましょう!

 

⓵反動をつけずに、ゆっくりと行う(反動をつけると筋肉を痛める原因になります。)

②無理せず、できるところまで伸ばす

(出来る範囲で伸ばすだけでも十分効果はあります。)

③ストレッチ中に、呼吸を止めない(呼吸を止めると筋肉がほぐれにくくなります。)

 

それでは、ストレッチにチャレンジしていきましょう!

太ももの前(大腿四頭筋)をほぐすストレッチ 動画2選

どちらも、慣れてくると、とっても気持ち良いです!

筆者は、1つ目の方法を気に入っています!

太ももの前のストレッチ 動画(1分50秒)

(今、動画を見れない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています)

太ももの前のストレッチ 動画の解説

①正座をします(お尻の下に、かかとが来るように足の裏はまっすぐに揃えましょう)

②正座の状態で、手を後ろに着きます

③そのまま、腹式呼吸をします

(息を吸う時に、太ももが伸ばされ、息を吸う時に、太ももが緩むのを意識します)

④余裕のある方は、後ろの手をゆっくり外して、背中を床につけます

(反り腰の人は、腰が床からあまり離れないように気を付けましょうね!)

⑤手は、万歳の姿勢をとり、そのまま腹式呼吸を続けます

⑥ゆっくり、手を使いながら起き上がります

好きなだけ、ゆっくり行いましょう!

太ももの前のストレッチ② 動画(3分50秒)

(今、動画を見れない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています)

太ももの前のストレッチ② 動画の解説

①左脚だけ、あぐらをかく

②左側を向いて、右脚は膝を曲げた状態で後ろに伸ばしていきます

(膝が下を向いて、かかとは天井を向いている状態です)

③余裕のある方は、右手で右足の甲を持つか、肘を曲げて足の甲を抱え込みます

④そのままの状態で、左側に手を伸ばし(床と並行に)

呼吸をしながら、左側に体重を移動させていきます

(ここで、左側の太ももの前がかなり伸びるはずです!)

⑤③の状態まで一度体制を戻します

⑥次に、左手を左の膝の前に持って行き

頭を床につけるようにして、床に手を伸ばしていきます

そのまま、ゆっくり呼吸をします

(④の状態よりもさらに、太ももの前が伸びます!)

⑦出来る範囲で、数回呼吸をしたら、もとの体制に戻ります

⑧反対側も同様に行います

太ももの裏(ハムストリング)をほぐすストレッチ 動画2選

太ももの裏(ハムストリング)のストレッチ① 動画(1分)

スポンサーリンク

(今、動画を見れない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています)

 

太ももの裏(ハムストリング)のストレッチ 動画の解説

①脚を伸ばして座ります

②片足を曲げ、足の裏をもう一方の脚につけます

③軽く胸を張り、ゆっくり体を倒していきます

④先ずは、両手で足首を持ち、余裕のある方は、つま先まで手を伸ばしていきます

(ふとももの裏側が伸びている事を感じてみましょう)

⑤反対側も同様に行います

⑥次に、立ちます(椅子を用意してください) 

⑦片足を伸ばした状態で、椅子にのせます

⑧伸ばした脚の、太ももの上に両手を置きます

⑨お尻を後ろに引きながら、太ももを体の外側にねじります

⑩⑨の状態で、少しづつ前に体を倒していきます

⑪反対側も同様に行います

太ももの裏(ハムストリング)のストレッチ 動画(3分)

(今、動画を見れない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています)

太ももの裏(ハムストリング)のストレッチ 動画の解説

動画は、ゴムチューブを使っていますが

少し長めのタオルでも代用できます!

 

①仰向けに寝転びます

②両手でゴムチューブを持ち、左足の裏にゴムチューブをかけます

③そのまま、かかとが天井を向くように、床と垂直に足を持ち上げます

(しっかりと膝を伸ばしましょう)

④チューブを少し引いて、太ももの裏を伸ばすように意識します

⑤このままの状態で、ゆっくり深呼吸を行います

⑥反対側も同様に行います

 

 

太ももの内側(内転筋)をほぐすストレッチ動画 2選

内転筋は、日常生活であまり意識することのない筋肉です。

 

最初はキツいかもしれませんが、続ける事で楽になってきます。

股関節を痛めないように、慎重にゆっくりと行って下さいね!

 

太ももの内側のストレッチ① 動画(2分50秒)

(今、動画を見れない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています)

 

太ももの内側のストレッチ① 動画の解説

①大きく脚を開き、腰を下ろします(背筋をのばしましょう、床にお尻はつきません)

②両足のつま先を外側に向けます

③手を床につき、肘で、両膝の内側を外に向かって押します

④この状態で、深呼吸をします

太ももの内側のストレッチ② 動画(1分20秒)

(今、動画を見れない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています)

太ももの内側のストレッチ② 動画の解説

①座った状態で、両足の裏をあわせます

②両足のつま先を両手でつかみ、できるだけ、体の方に足を引き寄せます

③姿勢を良くして、少しずつ前に体を倒していきます

④次に、立って行います

⑤脚をゆっくり開いて、腰を落とします

⑥両手膝の内側に置きます

⑦右手で、右膝を外に向かって押しながら、右側の肩を、内側に入れます

(イチローストレッチ)

⑧反対側も同様に行います

 

太もも痩せの効果が凄い!ストレッチで脚を細くする!動画で厳選!! まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

太ももを細くするために効果的なストレッチを紹介しました。

 

ポイントは、凝り固まった筋肉を伸ばすこと

 

1.太ももの前(大腿四頭筋)

2.太ももの後ろ(ハムストリング)

3.太ももの内側(内転筋)

 

この3ヶ所のストレッチでしたね。

 

ストレッチを習慣にしていくと・・・

 

嬉しい事に

 

筋トレや有酸素運動の効果も出やすくなります!

是非実践してみてくださいね!!

 

時間帯は、お風呂上りや、就寝前がおすすめ!

 

更に、1日を通して流れの良い状態を維持するために

少しむくみが気になる時や、寝る前の布団の上、起き抜け

少し流れが悪い時に取り組んで頂いても、効果を感じやすいと思います。

 

筆者の場合は、体の流れが悪くなっているなぁ・・・むくんでいるなぁ

と感じる時に、積極的に行っていました!!

 

短時間で簡単にできますので、ぜひ挑戦してみて下さいね!!

スポンサーリンク


 - 脚やせストレッチ