下半身デブは、骨盤が広いのが原因?スリムになる方法を紹介!

      2017/12/11

スポンサーリンク

骨盤が広くて、悩んでいる女性は

とても多いですよね?

 

女性は、妊娠出産の為に

男性に比べて、もともと骨盤が広めに作られていますが

 

スリムパンツがはけなかったり、水着になるのが恥ずかしいと

感じる女性も多いです。

 

骨盤が広いのが原因で、下半身デブになっているかも?

と考えていませんか?

 

そんな疑問にお答えしながら、下半身をスリムにする方法を

ご紹介していきたいと思います。

下半身デブの女性は、骨盤が広い? 骨盤と下半身デブの関係

骨盤が広い人い女性が、全て、下半身デブになっているとは限りませんが

 

下半身デブになっている女性で、骨盤が広いと悩んでいる女性は

骨盤を調整していくと、下半身デブが解消されていく可能性があります。

 

それでは、原因を見ていきましょう!

骨盤が広いと、下半身に脂肪が付きやすくなる?

ここで、チェックして欲しい事があります!!

 

腰の幅よりも、脚の付け根辺りの太もも部分が、横に出っ張っていませんか?

当てはまる方は、要注意です!

 

骨盤を整える事も、下半身やせには必要ですが

 

骨盤が広がっていると感じている女性は

実は、股関節に問題がある事が多いんです。

 

今回、大切なポイントは・・・

骨盤そのものではなく

 

「大転子」と呼ばれる骨なんです!!

 

えっ?

骨盤じゃないの?

と思われたかもしれませんが

 

下半身デブを解消するための、とても重要なポイントですので

最後まで、見てみてくださいね!

下半身デブの原因は、大転子?!

出典:stat.ameba.jp

上の図を見て下さいね。

 

間違った歩き方や、座り方を続けていると

股関節部分を形成している、大転子と呼ばれる骨が

少しづつ外側に広がっていきます。

 

例えば、内股歩きをしていると

脚の外側の筋肉を使うことになりますので

発達した筋肉によって、外側に骨が引っ張られることになります。

 

つまり、太もも部分が、横に広がっていくんですよね。

 

そして、骨が広がってできた隙間分部に

脂肪が付くことに!!

 

このブログで、何度もお伝えしていますが

美脚のポイントは、脚の内側の筋肉を使って歩くことです。

 

内側の筋肉を使えていない女性は、下半身デブになる可能性が高いんです!

 

歩くときに、足を真っすぐ前に出していますか?

ガニ股や、内股になっていませんか?

脚を組んだり、立っている時に片足で立っていませんか?

 

心当たりのある方は、大転子を整えていきましょう!

大転子を整えて、下半身をスリムにする方法

下半身デブの原因の一つである、骨盤の広がりには

「大転子」が関わっている事が、分かって頂けたと思います。

 

それでは、大転子の位置を調整して

下半身デブを解消していきましょう!

 

 

 

大転子が正しい位置に戻っていくことで

下半身についた脂肪が、どんどん細くなっていくはずですよ!

 

 

それでは、まず初めに

①大転子を引っ込めるエクササイズで、大転子を正しい位置に矯正しましょう。

次に

②正しい立ち方

そして

③正しい歩き方を覚えて、筋肉の正しい使い方をマスターしていきましょう!

大転子を矯正するエクササイズ

まずは、大転子を矯正するエクササイズに挑戦していきましょう。

大転子を引っ込める エクササイズ動画(1分23秒)

今、動画を観ることが出来ない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています。

大転子を引っ込める エクササイズ動画の解説

スポンサーリンク

①両脚を伸ばして座ります

②両膝を立てて、両手を体の後ろにつきます

③この状態で、両膝を左側に倒します

④下側にある左脚を、右脚の上に乗せます

(右脚の膝の外側に、左足のかかとを乗せる)

⑤このままの状態で、30秒間キープします

(お尻の奥の筋肉が伸ばされているのを感じてください)

⑥反対側も同様に行います(各3セットづつ)

 

⑦次に、両脚の、足の裏同士をくっつけて座り

 両脚が離れない様に、両手で足を持ちます

⑧このままの状態で、後ろに体を倒します

⑨⑧の状態で、足を胸に向かって引き寄せていきます

⑩無理のない範囲で、引き寄せたら、30秒間キープします

 

正しい立ち方をマスターする

正しい立ち方を覚えて、大転子が外側に出ないように予防していきます。

 

電車を待っている時や、料理を作っている時等

気付いた時に、意識してみましょう!

 

今まで使っていなかった筋肉を使う事になると思いますので

最初は大変かもしれませんが、自然と美脚になっていきますよ。

 

正しい立ち方は美脚の基本です。

エクササイズの効果も期待できますので、挑戦してみましょう!

 

大転子を正しい位置に戻す為には

O脚を治す立ち方が有効ですのでご紹介しますね!

正しい立ち方 動画(3分)

今、動画を観ることが出来ない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています。

正しい立ち方 動画の解説

①両脚を揃えて立ちます

O脚の方・大転子が広がっている方は、両膝がくっつかないと思いますので

かかとを付けたままの状態で

つま先を少し開いて、両膝が近づくようにします。

②脚の骨を、くるっと外側に回すようにイメージして

膝を少し外側に向けます。

③脚の内側の筋肉を使って、両脚を真っすぐにくっつけるように意識して下さい

④お尻の筋肉も使って、お尻を内側に引き締める様にすると

効果的です

⑤脚を意識しすぎて、お尻が後ろに突き出てない様にして下さいね

⑥最終的には、足を真っすぐに揃えた状態でも

両膝が着くようになってくると思いますので

毎日続けてみてくださいね!

 

痛みを感じる方や、ケガをしている方等は、無理をしない様にして下さいね!

お使者さんに通っている方は、控えてくださいね!

正しい歩き方をマスターする

 

正しい歩き方を実践していくと

脚の筋肉を、均等に使えるようになりますので

 

 

間違った歩き方で付いてしまった

太ももの外側の筋肉や、発達したふくらはぎが

少しづつ改善されていきます。

 

歩いているだけで、大転子を矯正していくことに繋がっていきます。

 

靴底が、外側又は、内側ばかりすり減っていた方は

靴底が均等に、減っていくようになりますので

分かりやすいと思います(^^)/

 

筆者は、靴の外側ばかりすり減っていましたが

今では、靴底全体が均等に減るようになりましたよ!

仁香さんに教わる「美しい歩き方」 動画(1分)

今、動画を観ることが出来ない方は、下にスクロースして下さいね。動画の解説をしています。

 

仁香さんに教わる「美しい歩き方」 動画の解説

①まずは、正しい姿勢で立ちます

②両脚の親指をくっつけて、お尻の穴にキュッと力を入れて

脚の内側の筋肉を意識します

③お腹に力を入れて、反り腰にならない様に腹筋に力を入れます

④肩は、肩甲骨に力をいれて、視線を目よりも少し上に置きます

⑤この状態で、右脚を前に出して、かかとから着地します

⑥体重を前に移動させながら、足裏全体で踏みしめます

⑦その時に、左脚は、足指で地面を蹴り上げるようにして前に出し、かかとから着地します

⑧そして、右脚も同様に、足指で地面を蹴って前に出します

下半身デブは、骨盤が広いのが原因?スリムになる方法を紹介! まとめ

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?

 

骨盤が広くて悩んでいる方は

一度、大転子を整えてみることに挑戦してみてくださいね。

 

下半身デブになってしまった原因は

脚の使い方が、間違っていた可能性が高いんです!

 

ポイントは

①大転子エクササイズ

②正しい立ち方

③正しい歩き方

 

この3点になります!

 

大転子を意識することで

下半身デブから卒業しましょうね!

 

 

くれぐれも、片足に体重をかけること

内股、ガニ又には気を付けましょうね!

 

 

骨盤を整える事は、美脚の大切なポイントです!

自分でできる骨盤矯正にも、チャレンジしてみてくださいね!

開いた骨盤を締めるだけ!脚やせを叶える1分間エクササイズとは?

あなたの下半身太り、骨盤矯正で治るかも!タダで出来る方法とは?

 


 - 骨盤を整える