脚やせのためのダイエット法を伝授!下半身デブを脱却する方法!

      2017/10/27

スポンサーリンク

脚を細くするためには、やはりダイエットが浮かびますよね。

下半身太りに悩んでいる方は・・・

 

上半身は華奢な体型なのに

なぜか「脚だけが太い」事を気にしている方が多いと思います。

そこで、下半身太りに悩む人のための

効果的なダイエット方法をご紹介したいと思います!

食事制限のダイエットでは、脚やせはできない?

下半身デブの人が、食事制限をすると起こる困った症状

下半身太りの方が、普通のダイエットを取り入れると・・・

 

残念なことに

痩せやすい上半身が痩せてガリガリ気味になった後に

やっと、脚が痩せてきます。

 

激痩せすれば、脚も細くなるかもしれませんが

それは、ただ痩せただけで

女性らしい魅力的なスタイルとは程遠いですよね。

もしも

上半身が痩せたところで挫折して、ダイエットを止めてしまうと

困ったことに

 

上半身がギスギスになり、やつれて見えるだけではなく

下半身(脚)の太さが目立つ結果になりかねません。

 

食事制限の方法を間違えないで!!

つまり、標準体重をオーバーしている人以外は

カロリーを制限するだけの、ダイエットでは

 

キレイなプロポーションを維持しながら

 

脚やせを成功する事は難しいんです!

では、食事制限しなくても良いの?

そうではありません。

 

下半身太りを解消するための

食事制限があるんです。

脚やせに効果的なダイエットの方法とは?

脚やせに重要な食事制限をご紹介しますね!

 

それは!

まずは、水分の代謝を上げること

ここに気を付けてもらいたいです!

 

つまり、食事制限といっても

体の巡りを良くするための食事法を取り入れていきましょう。

 

下半身デブを脱却する 食事制限のポイントは【3つ】

簡単にできるものばかりですので、ぜひ取り入れてみてくださいね

 ①塩分や糖分の多い食品を控える

塩分を摂りすぎると

体は、体内のナトリウム濃度を下げるため

水分を溜め込んで、むくみを引き起こします。

 

糖分を摂りすぎると 

糖分そのものに、水分を保持する作用があるため

むくみの原因になります。

 

胸や、お腹がむくむことって、ほぼ無いですよね?!

つまり、その水分は、下半身に溜め込まれることになるんです。

 

そして、下半身に溜め込まれた冷たい水分(老廃物)のせいで

下半身が冷えて、代謝が落ち、脚に脂肪がつきやすくなります。

 

むくみ→下半身に老廃物がたまる→冷える→代謝が落ちる→脂肪がつく

この、嫌なサイクルが繰り返されることになります!!

怖いですよね。健康にも良くないです・・・

 

塩分の多いスナック菓子や、ジャンクフードを控える

糖分の多いアイスクリームやチョコレートを控える

全く食べないと、ストレスになりますので

いつもより食べる量を少し減らしてみてください。

 

どうしても食べたい時は、午前中に食べるようにしてみましょう!

午前中に食べたものは、その日のうちに処理されますので

むくみや脂肪になりにくいですよ!

 

三日坊主でも大丈夫!

 

筆者はよくあることでです(笑)

完璧主義でなくても、むくまない下半身を保つことができています!

お菓子を食べ過ぎても、翌日に控える等の少しの工夫でOK!

 

お菓子を食べ過ぎる事は、よくあるこです。

思いっ切り楽しみましょうね!

 

そして

少しの間(たとえ2日でも!)、塩分と糖分の控えた食事を心がけてみてください!

 

少しづつ、余分な水分が体から出て行き、脚が軽くなるのを感じられると思います。

②食事内容を見直してみる

そんなに、ジャンクフードやお菓子を食べてないよ!

 

というあなたは

食事を見直す必要があるかもしれません。

 

和食は健康的に思えますが、実は塩分が多いんです!

和食だけでなく、いつもの食事の味付けを

少し薄くしてみるのも一つの改善策になると思いますよ!

 

②水はけを良くする食品を積極的に食べる。

スポンサーリンク

 

カリウムの多い食品を食べる

カリウムが多く含まれている食品を食べましょう。

 

カリウムは

 

余分な水分が体外に排出されるのを

助ける働きをしてくれます!

 

カリウムの多い食品

それでは、簡単に取り入れる事のできる食品の一例を紹介しますね!

 

ミニトマト、バナナ、きなこ、豆乳、納豆、ほうれん草、かぼちゃ、小豆

ピスタチオ、ピーナッツ、干しぶどう、鶏ささみ、カレー粉、さつまいも

 

これなら、気軽に食べる事ができますよね!

間食をバナナに置き換えたり、食事に納豆を取り入れるだけでOKです。

 

果物にはカリウムが多く含まれているのですが

果物の果糖は、内臓に脂肪がつきやすいと言われていますので

できれば、午前中に食べる方がいいと思います。

 

特別な事を新たに取り入れるのは大変で、長続きしません。

少しずつでいいので、カリウムを気にしてみてください。

 

サプリメントとは違い、食品から摂取すれば

カリウムの過剰摂取になることは、ありませんので

安心してくださいね!

 

しかし、腎臓の病気を持っている方は、カリウムは悪影響を与える恐れがあります。

医師と相談して下さいね!

③正しい水分補給を行う

人間が、一日の必要な水分補給の量は

1.5Lから2Lと言われていますよね。

喉が渇く前に、水分を摂取するようにしたいのですが

下半身太りの人に注意して欲しい点があります!

 

正しい水分の摂り方(水分の種類に気を付ける)

 

コーヒーやお茶などの、カフェインの入った飲み物を多く飲んでいたり

ジュースなどの糖分の多い飲み物を飲んでいませんか?

 

 

カフェインの入った飲み物は、強い利尿作用があります。

水分が体外に排出され、体内の水分が足りなくなることで

体が水を溜め込もうとして、むくみの原因になることがあるんです。

 

コーヒーは午前中だけにする等、少しの工夫で、カフェインの過剰摂取を

避ける事ができますので、取り組んでみてくださいね!

 

ジュース等の味の付いた飲み物は

「塩分や糖分の多い食品を控える」というところでも書きましたが

糖分が多いために、むくみの原因になりますよね。

 

できるだけ、量を減らしてみましょう!

正しい水分の摂り方(水を飲む時の注意点)

 

水を飲むときに、一度にたくさんの量を飲んでいませんか?

食事の時に、お水で流し込んでいませんか?

 

水分補給には、お水が一番良いのですが

正しく摂取しなければ、むくみや、水毒症、冷え症の原因となり

脚がどんどん太くなってしまいます。

 

お水を飲む時に気を付けて欲しい事 4点! 

1、一度に飲む量を、200mlまでにする

2、喉が渇く前に、こまめに飲む

3、食事中に水を飲み過ぎない

4、できれば、常温の水か、白湯を飲む

 

水を飲む時に気を付けて欲しい理由とは?

上に書いた、注意点の解説をしていきますね!

 

1(一度に200ml)と2(喉が渇く前に飲む)の理由

人間が一度に吸収できる水分量は限られており

それ以外は、体外に排出されたり、体の巡りの悪い人は

むくみの原因になるからです。

 

3(食事中に水を飲み過ぎない)の理由

食事中に大量の水を飲むと

胃液が薄まり、消化器を酷使することで

水分代謝が上手くできなくなり、むくみの原因になります。

 

4(常温の水か、白湯を飲む)の理由

冷えた水を飲むと、消化器官が冷える事で、内臓の働きが悪くなり

体全体の巡りが悪くなることで、むくみ冷え性の原因になるからです。

 

水分補給は大切ですが、水分の摂り方を見直して

下半身太りを解消しやすい体を手に入れましょう。

脚やせのためのダイエット法を伝授!下半身デブを脱却する方法! まとめ

脚痩せ、下半身デブを脱却するための、ダイエット法をご紹介しました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

脚やせに必要な事は、少しだけ意識を変えることです。

それでは、ポイントを復習していきますね!

 

下半身やせを実現するダイエットおさらい

 

1、塩分と糖分を控えて、下半身がむくまない様に気を付ける

(もちろん食べ過はダメですっ!標準体重以上の方まずは、減量が必要ですよ)

2、カリウムの多い食品を多く摂って、水はけの良い体を作る

3、水分補給の方法に気を付ける(白湯・常温の水)

 

この3つを意識して、ダイエットに取り組めば

脚を早く細くすることができますよ!!

 

少しづつ体が変わってくると思います!

 

ぜひ、挑戦してみて下さいね!!

スポンサーリンク

最後まで、ご覧頂きありがとうございます!

 

SNSで共有してもらえたら嬉しいです!

ブログランキングにも参加しています。クリックして頂ければ、励みになります!


 - 美脚の基本