下半身が痩せないのは汗をかかないから?脚やせの為の4つのポイントとは?

      2017/10/27

スポンサーリンク

30分の有酸素運動

上半身は汗だくなのに

下半身は全く汗をかいていないし、触ってみると「脚が冷たい!!

 

「運動しても、下半身デブが治らないのは、下半身に汗をかかないせいかも!!」

「頑張っているのに、効果が無いなんて、悲しすぎる!!」

こんな気持ちになりますよね!

 

汗をかいた部分=脂肪燃焼している部分

という方程式は、あてはまりませんが

汗をかきにくい部分は、痩せにくいのは事実です!

 

それでは、下半身に汗をかきにくい原因と

解決策を紹介していきます!

読みたい場所へジャンプ

下半身に汗をかかない原因とは?【4つの原因と対策】

もともと、心臓に近い上半身は下半身よりも血行が良いので

下半身に比べて、汗をかきやすくなっています。

 

しかし!

5分や10分の運動では、下半身に汗をかかないのは仕方ありませんが

30分以上も運動しているのに、下半身に汗をかかない場合は、問題ありです!

 

それでは、考えられる原因と解決策を解説していきますね。

①汗腺が弱っている

運動を始めたばかりの人は、日頃汗をかくことが少ないので

汗腺が弱っている人が多いです

 

汗腺が弱っている場合の解決策 

そのまま、運動を続ける

そのまま、運動を続けてみましょう。

 

 

運動を続けるうちに、血行が良くなってきますので

汗をかきやすくなってきます。

 

それでも、解決しない場合は 「半身浴」

「半身浴」を取り入れてみましょう!!

 

半身浴で、汗をかく習慣を身につけることで

だんだん、運動でも汗をかきやすくなってきます。

 

脚痩せに有効な半身浴の方法を紹介していますので、参考にしてみてください!

半身浴で脚やせ!

②セルライトがある

下半身に汗をかきにくい場合は、セルライトを疑ってみて下さい!

 

もともと、脂肪は筋肉よりも冷たいという特徴があります。

 

その冷たい脂肪と老廃物がくっついて塊になってしまったのが「セルライト」!

セルライトがある場合は、さらに、血流やリンパの流れの邪魔をします。

その結果、汗をかきにくくなってしまいます。

残念なことに、運動しても、脂肪が上手く燃焼しません。

 

脚(特に太もも)をつかんだ時に、凸凹が目立つ場合はセルライトです!

セルライトがある場合の解決策

セルライトがある場合は、運動と同時に、セルライト対策も進めていきましょう!

セルライトが少なくなっていくと、脚が温まりやすくなり、汗をかきやすくなってきますよ!

 

セルライト対策には、マッサージが一番有効!! 【8分動画】

セルライトを少なくするためには、マッサージが一番有効です。

 

筆者が、必ず入浴後に行っているマッサージを動画で紹介します!

 

(動画の下にスクロール→文章で解説しています。今、動画が見れない方はどうぞ!)

セルライト対策 動画の解説 

①マッサージオイルを準備します(どんなオイルでも大丈夫です!)

②脚全体にオイルを塗ります

③足の指の間に手の指を挟み、反対の手で足首の上を抑えて固定し

時計回り、反時計回りに10回ずつ回す

④足の裏の色んな所を指で押す

⑤手をグーにして、第二関節で足首周り、足の甲をグリグリする

⑥指で、足首周り、膝裏、付け根等、リンパに流れやすいように

先にほぐしておく

⑦骨に沿って、骨の横を脚の下から上に押していく(ツボ部分は特にしっかり押す)

 外側と内側両方、後ろ側も押します(親指を重ねて押すと力が入れやすいです)

⑧脚の脂肪を、両手でねじっていく(下から上に移動していく)

⑨つまんでいく(ふくらはぎの裏に脂肪を集める感じで、セルライトを潰すように)

⑩下から上に流していく 骨の横を押しながら上げて、ツボをしっかり押す

⑪ふとももは、ふくらはぎで行った手順(⑦~⑨)と同じ様にマッサージする

 

 

半身浴の後にマッサージをすると効果は倍増します!

 

出来るだけ温めた後に、行って下さいね!

③下半身の血行が悪い

運動しても下半身に汗をかきにくい原因には、血流の問題も潜んでいます。

 

日頃、下半身が冷えやすいファションをしていたり

体を締め付ける下着や、服装をしていませんか?

脚が冷たく感じる事はありませんか?

 

下半身の血流が悪いと、上半身の血液が下半身まで循環しにくいので

汗をかきにくく、脂肪も燃焼されにくいです!!

酷くなると、セルライトの原因にもなるので、改善していきましょう!

 

下半身の血行が悪い場合の解決策は 3つ!

「脚を冷やさない事と、温めること、そしてストレッチです。」

 

冷やさない!

脚を冷やさないファションを心がけましょう!

冬は、カイロを貼ったり、温かい服装を心掛けるのであまり問題は無いのですが

夏の暑い時期でも、露出の高い服装は、体を冷やしてしまうんです!!

 

冷房の効いたオフィスで、夏でも冷えを感じる人は多いです。

つねに、下半身を冷やさない様に、意識してくださいね!

 

夏でも、ストールを一枚持っておくと、冷えを感じた時に便利ですよ!

 

温める!

冬はもちろんですが、夏でも出来るだけ半身浴をしましょう。

一日の終わりに、その日の冷えを解消して、血流を改善しておきましょう。

 

ストレッチ!

 

血流をよくするためのストレッチをして、血流をアップさせた後に

運動をすると、下半身に汗をかきやすくなります。

 

下半身の血行を良くするためのストレッチ 動画 2本!

スポンサーリンク

動画で、2つ紹介していますので、やりやすい方法を取り入れてみてくださいね!

 

1.股関節とふくらはぎのストレッチ動画 2分30秒

(今、動画を見れない人は→動画の下にスクロールして下さいね!解説が見れます!)

股関節とふくらはぎのストレッチ動画 解説

①右足を前に出して、右足を少し曲げ、体重をかけます

 ここで 10秒間キープ

(右足と左足は、つま先が同じ方向に向くように、前に向けます)

②①の体勢から、後ろ側の足のかかとを浮かせます

②そのまま、お尻の位置を下に下げていきます

③膝が床についてもOK 

 ここで 10秒間キープ

(バランスをとるために、手の位置は腰に置いたり、横に広げても大丈夫です)

④反対側も同様に(①~③)行います

 

2.脚の血行を良くするストレッチ動画 4分30秒 

(今、動画を見れない人は→動画の下にスクロールして下さいね!解説が見れます!)

脚の血行を良くするストレッチ動画 解説

脚の血流を良くするストレッチ

①仰向けで寝ます

②片方の足を曲げて、手で抱えながら、膝を胸に近づけていきます

ここで 5秒キープ

③反対側も同様に行います

 

下半身全体の血流を良くするストレッチ

①立った状態で、右足を、膝を曲げずに少し持ち上げます

②その状態で、膝を曲げずに、8の字を描くように動かします

③反対側も同様に行います

 

下半身を含めた、全身の血流をアップさせるストレッチ

①立った状態で、右足を前に出します

②右足をつま先立ちにします

③②の状態で、手を胸の前でクロスさせます

④クロスさせた手を、裏返しながら前に伸ばしていきます

⑤それと同にに、体重を右足に移動させていきます

⑥胸を突き出すイメージで、顔を上に向けます 

 無理のない範囲で、少しキープ

⑦反対側も同様に行います

④下半身の筋肉が少ない

運動不足等で下半身の筋肉が少ない人は

汗をかきにくいです。

 

脂肪は、冷たいですが、筋肉は熱を作る役割があるので、温かいんです。

その熱で、血流も良くなり、下半身に汗をかきやすくなります。

 

下半身の筋肉が少ない場合の解決策

運動を続ける事で、筋肉量が増えていきます。

 

筋肉が増えると、脚が太くなるのでは?

と思われるかもしれませんが。

 

安心してください!

汗をかきにくい人は、おそらく筋肉量が非常に少ないです!

 

脂肪と筋肉は、同じ重さでも、見た目が異なります。

脂肪よりも、筋肉の方が体積が小さいんですよ!

つまり、細く見えます!

 

なので、心配せずに

筋肉の少ない人は、引き締めるためにも、筋肉を付けていきましょう。

 

そこで、運動と並行して行って欲しいのが、スクワットです。

 

筋力アップと、血流をもアップを同時に解決 スクワット動画

特殊なスクワットがありますので挑戦してみて下さいね!

 

筋肉で熱を作って、さらに血流もアップさせて、汗をかきやすい下半身に変えていきましょう。

 

血流アップのスクワット動画 3分15秒

(今、動画を見れない人は→動画の下にスクロールして下さいね!解説が見れます!)

血流アップのスクワット動画 解説

①足を肩幅より広めに開きます(無理のない範囲で開きましょう)

②つま先を、斜め45度に開きます

③太ももに手を当てて、後方にお尻を下げていきます(息を吸いながら)

(下げた時に、背中がまっすぐになっているか確認しましょう)

④立ち上がります(息を吐きながら)

⑤この動作を、10回程度行います

⑥終わったら、お尻を下げた状態で、太ももに手を置き

 肩を、片側ずつ前に出して、上半身をねじります。(イチローストレッチ)

下半身だけ汗をかかない人は、脚やせ出来ない?!解決策を公開中! まとめ

いかかでしたでしょうか?

 

「運動しても、上半身ばかり汗をかいて、下半身は汗をかかない。」

みなさんが疑問に思っていることを、検証してみました。

 

原因は4つでしたね!

①汗腺が弱っている

②セルライトがある

③下半身の血流が悪い

④下半身の筋肉が少ない

 

下半身に汗をかきにくい人は、下半身太りに悩んでいる人が多いです。

 

せっかく運動しても、脚が細くならないなんて

悲しいですよね!

 

一日も早く、下半身に汗をかける体質に改善していきましょう!

 

運動の時だけでなく、サウナや岩盤浴でも

汗をかきすくなるはずですよ!!

スポンサーリンク

最後まで、ご覧頂きありがとうございます!

 

SNSで共有してもらえたら嬉しいです!

ブログランキングにも参加しています。クリックして頂ければ、励みになります!

 

 

 


 - 美脚の基本