下半身ダイエットと、バストアップを同時に叶える方法を伝授!

      2017/10/27

スポンサーリンク

ダイエットをすると、いつも胸から痩せていく・・・

どうして、下半身は全然痩せないの??

 

脚が細ければ、ダイエットなんてしないのに!!

 

脚を細くしたいから、ダイエットをしている!

っていう女性、多いですよね?

 

でも、現実は

上半身が、どんどんサイズダウンするから

太い下半身が、余計に気になってきたり。

 

思い通りに行かなくて、ちょっと苛立ちますよね!!

 

 

「下半身ダイエットとバストアップを同時に叶える方法」

 

そんな、都合の良い方法なんてあるの?

 

しかし、上半身はグラマラスで、下半身はほっそり!

という女性は、実際に存在します!

 

持って生まれたモノ?と言ったら、おしまいですよ!

 

それでは、下半身痩せと、バストアップを叶える方法を

公開していきたいと思います!!

下半身は上半身に比べて、6倍太りやすい!!

残念な報告から始まってしまいました。

 

が、しかし本当のことです。

 

ここから、真面目な本気モードに入ります↓

 

人間の体には

①脂肪を血液中に送る(脂肪分解)脂肪放出レセプター

②脂肪を細胞に取り込む(脂肪を溜め込む)脂肪貯蔵レセプター

という2つのレセプターが存在しています。

 

女性の場合は

 

上半身の脂肪貯蔵レセプターを1とすると、下半身は6

下半身の脂肪放出レセプターを1とすると、上半身は1

 

女性の機能(月経や、妊娠出産)を守るために、こんな設定になっているのです|д゚)

 

つまり、単純計算ですが

 

7キロのダイエットに成功しても

「下半身は、1㎏しか痩せていない」ということです!!!

 

実に悲しいですが

これも生命維持の大切な機能です。

 

しかし、ここで諦めたらおしまい!!

この理不尽な?レセプターに逆らっていく手段を、伝授致します!

下半身痩せとバストアップを同時に叶える方法

上半身 VS 下半身

ここで確認です!

 

上半身について

ウエストのサイズは減ってもいいですよね!

バストを維持するか、アップさせるのが目標ですよね!

 

下半身について

とにかく、脂肪を無くして、どんどん細くしていくのが目標!

 

当てはまっていますか?

該当する女性は、読み進めていって下さいね。

 

「下半身ダイエットと、バストアップを叶える」ために

守って欲しい、【6つのルール】を伝授します!

できるだけ、全て実践して下さいね!

①タンパク質を積極的に摂取する

 

ダイエットをする時、タンパク質は太る!と思い込んで

お肉やお魚、チーズ類を避ける女性が多くいます。

 

野菜中心の食事は、とっても健康的ですが

タンパク質が不足すると、下半身ダイエット実現することは出来ません。

 

タンパク質が不足すると・・・

 

内臓の機能が低下して、代謝が落ち、下半身に脂肪を溜め込みやすくなる

筋肉量が減ることで、脚がむくみやすくなる 

リバウンドを起こしやすい

ホルモンバランスが崩れて、食欲がコントロールしにくくなる

肌荒れや、髪の毛の艶がなくなる

酵素が減ることで、代謝が落ちる

バストがしぼんだり、垂れる

 

デメリットだらけですよね!

 

しかし!

タンパク質を積極的に食べれば、逆の事を叶える事ができますよね!

 

今までの食事の量にプラスしてタンパク質を増やしても

太るだけ!!

 

 

タンパク質と炭水化物を同時に食べると、太りやすくなりますので

 

「タンパク質を増やして、ご飯などの炭水化物を減らしましょう!」

 

下半身ダイエットと、バストアップを同時に目指す場合

鶏の胸肉、ささみや牛肉の赤身、チーズや大豆製品などが良いでしょう!

 

積極的に取るといっても、食べ過ぎはよくありません。

一日、50gのタンパク質が必要になります。

 

50gといっても

お肉を50g食べればいいわけではありませんよ!

 

プロセスチーズは、 25gで、5.7g

牛乳は、200mlで、6.9g

鶏むね肉は、70gで、13.7g

木綿豆腐は、100gで6.6g   それぞれ、含まれるたんぱく質の量が異なります。

 

食材に含まれるタンパク質の量を、調べてみてくださいね!!

②下半身をマッサージをする

スポンサーリンク

下半身は、上半身の6倍脂肪をためやすい!!

この法則を破る方法が、「マッサージ」です!

 

マッサージで、外部から刺激を与えることで

下半身の脂肪を燃焼しやすくできるんです!!

 

池田真子さんのマッサージは、硬くなった脂肪やセルライトを刺激し

脂肪が燃焼しやすくなります。

 

ぜひ、挑戦してみて下さいね!(↓動画)

 

③下半身を温める

下半身は、上半身よりも血流が悪くなりがちです。

下半身が冷えると

代謝が低下し、脂肪を溜め込みやすく、セルライトも発生しやすくなります。

 

冷えないように心がけ、積極的に温めるようにしましょう。

 

寒い時は

裏起毛のパンツをはいたり、スカートの時は必ずタイツを着用する

靴専用のホッカイロを使用する、半身浴で体のを芯から温める、首・手首・足首を温める等

 

簡単に出来る方法が、沢山あります!

 

夏でも

冷たい飲み物や、冷房で体が冷えている事が多いです。

できるだけ、半身浴を行い、温かい飲み物(常温でも!)を飲むようにしましょう。

④胸を揺らさない運動をする

 

下半身をダイエットをするには、有酸素運動が効果的ですが

やり方によっては、バストアップにはあまり良い影響を及ぼしません。

 

そこで、あまり胸が揺れない運動を取り入れて欲しいです!

 

ウォーキングやエアロバイクが、おすすめの有酸素運動です。

ジョギングは、かなり胸が揺れてしまいますので、避けて下さいね!

 

⑤女性ホルモンの分泌を助ける

適度な筋トレは

 

女性ホルモンや成長ホルモン(アンチエイジングに効果的)の分泌を助けます。

負荷の大きい筋トレは、男性ホルモンが増えてしまい

女性らしさが失われてしまいます。

 

ゆっくりとした、負荷の少ない筋トレで、女性ホルモンを活性化させましょう!

 

さらに

女性ホルモンの分泌を促すツボを押し を行います!

 

下半身ダイエットを行いながら、バストのサイズを保ったり

さらに、下半身に溜まりやすい脂肪を、効果的に胸につける方法ですよ!!

 

分かりやすい動画で紹介しています。

 

ツボの押し方は

一か所のツボを、親指で3秒かけてゆっくり押し、3秒かけてゆっくりと離す。

これを守って下さいね。

押す強さは、少し痛気持ち良い位がいいでしょう!

 

お風呂の中や、寝る前など、気づいたときに出来るだけ多く押しましょう!

⑥微量栄養素を摂る

下半身が太いのに、バストが小さい

ダイエットをするとバストばかり小さくなる  という女性は

 

微量栄養素が足りていない事が多いんです。

 

微量栄養素とは、何でしょうか?

ご存じの方も多いと思いますが

微量栄養素とは、「ビタミン」や「ミネラル」のことです。

 

タンパク質や、脂肪、炭水化物(これを多量栄養素といいます)を

意識することは多いと思います。

しかし、微量栄養素は、細胞の再生を促す働きもあり、代謝にも大きく関わっています。

 

野菜に多く含まれていますので、たくさん野菜を食べる様に意識してくださいね!

 

さらに、「ビタミンE」

バストアップと下半身ダイエット、両方にとって強い味方です!

 

血流の改善や、女性ホルモンの分泌を促してくれますので

積極的に摂取して欲しい栄養素です。

 

アーモンドやうなぎ、たらこや玉子、キウイなどに多く含まれていますので

食事に取り入れて下さいね!

 

どうしても、食生活が乱れてしまう方は

サプリメントで補うのも良いと思います!

 

下半身ダイエットと、バストアップを同時に叶える方法を伝授! まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ポイントは6つ!

①タンパク質

②下半身のマッサージ

③下半身を温める

④胸を揺らさない有酸素運動

⑤女性ホルモンの分泌を助ける

⑥微量栄養素

でしたね!

 

女性なら、誰もが憧れる「細い脚と、豊かなバスト」

生まれ持った魅力を最大限に引き出すために

少し意識を変えて、努力をしてみてくださいね!

 

下半身ダイエットと、バストアップを同時に叶えて

周囲をびっくりさせましょう!

スポンサーリンク

 

最後まで、ご覧頂きありがとうございます!

 

SNSで共有してもらえたら嬉しいです!

ブログランキングにも参加しています。クリックして頂ければ、励みになります!

 


 - 美脚の基本